忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この美しいです


あさひこそは、霞光とともに、白雪翩舞、傲濫と梅争艳師走厳冬の中の山に屹立する园小梅様もそうだったが、古言でカチカチと伴は梅须ダサ雪三分白、雪は負け梅の1段の香りがします。一段佳言を描いただけではなく、无难なプライドに梅负けないで雪より化粧がともった白冬の美しいのです名創優品香港

広大で広かった大地に、金色の晨阳全般を射るほど冬景色で、光が隋所に雪のにおいで、太陽に映った人々の小顔には、暖かい入学した多門前の小さいモウハクヨウ像ごく瑠璃水晶を逆様に招聘の木の枝に透明の氷の珠を辉きの身辺にさせてこそふうかんでを和ませてくれる、无残に掲揚された煙に涼気が鼻先のまじってさまよう空の白霜気配をやいてかぐ之舌鼓を打つは心暖かい安らかに…

小川冻(三尺、散策路の泥が紙洁、袋小路の隣に雪だるまの声音は、小川(trail小雪の花をそそる场面が嘻笑思い出、幼時の歳月をまるでは目の前にして、子供、男の子が女の子……漫步が一杯で名創優品、片片童心に記憶の小道を指すのように雪が触れるの髪の毛が)が后ろに、清水さん、それがばら積みうがっひるがえるかんのを見ると、空中の雪は、この美しいです。

习习の風に附耳冷骨…なぞの一つ息を引き、大雪にまで達し霧の一シーズンである寒霜広大夜に、氷を指して男に透身を胸に、西風雪かきがちらついて行って、もしも轻扬はしずかに手で持ってくるん十指暖かく、明月呢私が空に、康寿永住祷の親、万事如意、白雪降ら行か榻の許し、願いがポーズをとって笑颜がいる。一念おめでたいことかと訊いてみた。縁を二念安康親寿健、三で読んで万事通意順、ロウソクこそ、舎寒亦暖かく、白雪を執筆し小词榻になるためには、表思いもしなければ、悠然と自在心留。

の厳しい寒風に、氷を抱えて殺された中、西武鉄道の落ち葉の景色は强奐、雪、シーンの米、山水程、景。一、千里の同系色、万里の人間と、秀て河山界最高と言える。雲の帯が流麗の白い花を飾った感じがします、白一色のこそ、煙を缓和するリットルと、まるで人間の佳境山林のような形をして一枚の粪をあきらめて久しい冬景色で青い、小川に留学を伴っている皓洁峠を見ていると、一夜の风が、千树)梨花(イファ)万树最善を尽くすことを开いて、人を見と入のほうをちらりと見てからあやまりました德善

真っ白な空中に点々として、リズムえん曲な雪、タンポポみたいに、ヒラヒラなつみ」…冬が画意、雪のように白い雪舞を裏切るの画意最善を尽くした満天の景色である。
PR

刺繍の錦

如あの暖かな少年こそが、僕の中の最もきらめく星…… 縁の邂逅。なるほど、私があったからこそまさに人海だったので、出会いは意外なものだった。 生命の中で、女の子のごとごとに、一つが彼女に育った人だった。私もだと、特定の月日のある瞬间は、私たちの総会は個人で進展していない。彼女は私が15歳の尾を引いて川止めに18歳だった彼は…… 花が咲き、行かふ割/静かだった。あなたは时间とを、許私の本当の爱に位置している。千あまり昼夜を馳せたぶんを離れることがないの守護、その専念の待ち时间は、永远に封じ込めるは私の心にある。私はただ言いたいだけ、あなたに感谢して终始护私于天堂、僕は一生永(あなたの侧に同伴して…… お暇なときで飼い犬を开けてはるか彼方の日記に、仆自身のいい生活記録者だった。ほのぼのとしていて、青年一筆の喜怒哀楽を気に入り最多だったのは、あなたとのことではない。口元に、本心仕方のない笑みをたたえていた。あなたが、全体で高校の生活はすべて倾城の暖かいです;私たちは、依付き添うことも多く、がゆく。あなたに出会って、は最も纯粋な歳月の中では、あなたが全てを包容する最もわがまま索漠とした私だった。も、同年述べきらきらの中で、あなたの約束を、許在キリマンジャロ…… 最年少の時は、私が熱雪、ただの一度も、妥協をもってしてもあなたのことが好きな取りつくしまだった。その後に忍び寄るは分かって、一人一人の一生、に1度だけでも好きという;胸がどきどきする追いつき一人に関连している。僕はその延長線上にしようとあなたの手を握っている道中をたどって、长い距离を巡って。生涯一になっていけば、1世はひとペアの人だった。今あなたの私はついにと提携して、私ももう见つけの十分な理由がなくて、あなたに付き添って世界の端まで歩くのに…… 时间の流れ、あなた」と言ったことが一番暖かい心ならが、「この人生死ぬのも私が死んで、来世でなければいいのだがあなたを探し当てるだった」と話した。その後、あなたは言います:「私はあなたの一生を口にすれば、后は結構!」あなたの気持ちの真の、爱の深さは、は永远に私の心尖で最も真実の暖かさ。 私はまたその後となければならないと主張して自分の手侧の錦パトリシアだった。私は伝法の儀式の後、をためらわdemolition擅を手にしたにもかかわらず、裁缝も悔いがあなたのために试し、お訊ねしたいこと期限だったのだろうか。「私はあなたの唯ちゃん、あなたを待っていたような気がする。刺繍の錦パトリシアだった」と話した。この暖人ちゃんの深かった爱は、私の幸福を消沈し…… 犹覚えていて、与你并肩闲歩いて二十日、见てネオナポリスが出てきた。星の朗月で、あなたの瞳のなかに光って未曽有の優しさ。彼时熟知する気配を熟知しているあなた。かくべつ間、自己の口に出せない人をくらくらさせる…… を凝視していたが、私はあなたの利発わかったのは分かって、あやうく六年の时间の中で、あなたはますますremainしっかりしていた。一方ではあなたの前に立って、私はに似ているような不谙世事の子供です。原はあれらの私が分からないの时间の中で、あなたの苦労をして、あなたの努力、そして、あなたが変わったことで、予備误った私の様態…… 突然この瞬間だけは、ゆっくり考えたいあなたを见てみて、あなたの利発条目ごとに印を見ていました。その後、长い时间に回想、ははを惑わすの暖かさ……

一任天涯冷暖孤自染

江南夢斷橫江渚,浪黏天,天水一色,半空煙雨,無限樓前滄波意,但悵望,蘭舟容與,萬里雲帆何時到,送孤鴻,目斷千山阻,自別離,筆墨丹青渲染一幅純色天下,詩詞歌賦染指一闋寂靜山河名創優品山寨

修三世情緣與卿會今世一面,怎奈緣淺,又把今生廢,清澈之念深深怨,回眸處,斑駁殘影,天涯望斷,癡字難改,輕諾難許,相思最苦,休去倚危樓,惹出點點風塵絆,寒月微灑,無端星月浸窗紗,腸未斷,鬢先華,最是淒淒紅塵散。
簾外枝頭嫌紅葉,更無著多情,秋風多,雨相和,花外漏聲迢遞,驚塞雁,起寒烏,花屏身影嬈,疑似伊人聞歌舞,紅燭背,淚獨垂,不忍點醒癡人虛幻無人應,香霧薄,透重幕,繁華一季落幕戀,眠成空,夢如昔,念念風塵把吾欺,舊夢一場終飄渺,念未拋,情猶甚,無端情殤又哪堪世人曉?
深院靜,小庭空,落葉飄,斷續寒砧斷續風,無奈夜長人不寐,數聲和月到簾櫳,回首處,情毒難解萬物憐,半城煙沙灰色染,心內慌,把酒澆細雨,倚門空望,伊人身影甚晰,半程追隨只為一眼,安好天下盼卿獨媚,一世情殤獨留一人品名創優品山寨
江南夢斷橫江渚,浪黏天,天水一色,半空煙雨,無限樓前滄波意,但悵望,蘭舟容與,萬里雲帆何時到,送孤鴻,目斷千山阻,自別離,筆墨丹青渲染一幅純色天下,詩詞歌賦染指一闋寂靜山河。
雁落平沙,煙籠寒水,荒山隱隱,敗葉瀟瀟,天際冥鴉淩亂,望碧雲空暮,憶憶風塵,紅塵苦渡,不曉情關難斷,風月自擾心內亂,欠人離索,相思除是,向醉裡,暫忘卻,不知紅塵多苦惱,乃不敢問情為何物?只道為伊消得人憔悴,人比黃花瘦,心念切處,更有多少淒涼。
憶舊遊,邃館朱扉,小園香徑,尚想伊人容貌,檀唇含笑,眉眼間滿是暖意,瞳光碎碎流轉,回首處,滿滿愜意不敢與今比,一縷情絲染一世羈絆,傾城素顏虜半世牽念,書盈錦軸,恨滿金徽,難寫寸心幽怨,離別愁緒,縈縈繞繞,如今,佳人何處,夢魂俱遠,一尊芳酒,淒涼危欄倚遍,盡遲留,憑仗西風,吹幹淚眼名創優品山寨
相別亦無跡,依依愁悴,吟望久,片片黃葉,旋看飛墜,印痕猶存,人孤影,空江煙浪裡,但夢見,伊人回望,凝淚眼中轉,一襲白衣頻步隨吾舞,一攬入懷天下擁,一夢醒,淚痕玉枕透,飄渺前塵路淒淒,虛幻一場吾自欺。
怨杯無托,嗟伊人斷絕,信音寥寥,縱妙手,能解連環,似風散雨收,霧清雲薄,紅葉漸去枝頭,料舟依岸曲,人在天涯,漫記得,往昔風月多情隱隱,喃喃情話耳邊繞,一秋將盡,醉擁重衾,載將離恨歸去,拼今生,對花對酒,為伊落淚。
紅葉亭皋下,楚天晚,白蘋煙盡處,伊人望斷,芳草有情,夕陽無語,雁橫南浦,人倚西樓,離別日日念,玉容知安否,空恨碧雲離合,又怎著伊人懊惱,芳心一點,寸眉兩葉,禁甚閒愁,遐思點點,只盼舊情心內葬,情到不堪言處,分付東流,一任天涯冷暖孤自染。

說好給未來的禮物

說好的幸福,給未來的自己。

一事能狂便少年。希望可以對得起自己的人生。

文章歷經千辛萬苦,終於完稿了。牛欄牌奶粉將近一個月的時間,利用一切可以省下的時間。期間,有放棄有懷疑,但是最終還是選擇繼續下去。很多文章,大都是在別人休息的時候完成的,而且辦公場地也是特別的多,臥室,公司裡,有時候還在社區的石頭桌椅上,為了不妨礙別人,不打擾自己,有時候一個人在廚房裡,陽臺上,趁著值班,趁著月光,趁著吃飯,休息,還有清晨的陽光,傍晚的雲霞,一點點,一點點去創作。有時寫作時遭到人家辱駡與嘲笑,寫來寫去有什麼用,浪費時間而已,不要再寫了,再寫罰錢,你寫的都是空的有誰看,諸如此種,不勝列舉。但是心裡一點也沒有怨言,可能他們還不是很瞭解我,不論怎樣,很懷念當時的我,還有那些溫暖的場景,即使沒人陪伴,沒人理解也沒關係,我做好自己。

記得大學時,一直很喜歡給室友帶飯,因為那時候,借著他們吃飯的檔,借用半個小時左右電腦,這樣我就可以寫作了,當時最大的願望就是有一臺屬于自己的電腦。但是大學也沒有多少時間讀書,經常出校工作,有時最多時一天三份兼職,室友有時候禮拜天躺在床上一躺就是一天,而我很早起床,一做也是一天,很累但是很開心。現在想想,當時是如何的決心與勇氣呀,雖然沒賺到多少,但大學裡,生活費一直沒怎麼用家裡錢,牛欄牌回收在我最難熬的時候,是家人給我最大的支持與鼓舞。

小時候,就想當一名作家,現在,也算實現了一個願望。僅以此書像向喜歡的偶像致敬。希望可以像前輩們看齊,創作更多更加優秀的文章。

人生就是不停的戰鬥。下一本一定更加精彩,小說,戲劇,散文,詩歌,歌詞,劇本等等,反正都可以嘗試,希望可以給大家帶來驚喜,也希望讀者朋友喜歡。

播撒正能量,找尋心中的真善美。心中有江山,也有一片煙雨江南。一直尋找什麼,但有時說不清,仿佛生命也在追問,靈魂的邀請與欣悅會在何時降臨,是否已在身邊?

在我心中,似乎有一種虔誠的自卑潛藏著,對大自然的敬畏,對才情的吝嗇,對人家的冷漠,對家人的愧欠••••••我希望可以有人提醒我,好好愛自己,和身邊的人。

文昌做的不夠好,沒有幫助到很多人。但我一直會很努力,請相信,牛欄牌問題奶粉總有一天我會做好。

文昌感謝一直支持與鼓勵文昌的夥伴們,辛苦了,謝謝你們。最後感謝我的爸爸媽媽,因為沒有你們,就沒有文昌的今天。

說好的幸福,給未來的禮物。

彼岸長天,允我何處尋你?

那一夜,月夕一時,長風斜縈指——你走的那刻風涼如水,漫天雨淚,你走的那刻月夕彼岸,席地泫然。
一別如斯,今夜月複夕時。別無思量裡,迷離反入了昨日夢。夜雨未遠,似瀠瀠落指端,涼意沁我心。時尚polo衫此間卻月光薄涼,扣青紗一地,嵐煙欲散,蒙了一城氤氳。

傾城如暖,月夕何時?隔岸有流光瘦西風,渡口隨風遷移,蘭舟只泊長安柳下。記得離別那刻,我已料定這是一生。當我懂得珍惜,學會挽留,可能你仍不會回首,當我試著呼求,徘徊滯留,誰還回憶那月彎如柳?江南不知春雪色,唯諳秋雨話闌珊。只道一夜倏成寒風,曾經的溫暖業已不復。斯岸是江南,彼岸是天闌,隔了一道長長的流光。

流光於掌心漸短,隨雨聲綿長,明月還是當年,惟深深夜雨落幕,流光老去,縱使明月依舊,流光卻已中斷點。我在彼岸眺望那夜的記憶,你眉眼如故,笑得蒼白。我生生放你離開,緣我抓不住。那夜我們涔涔涕泣,淚痕斑駁——我無力垂淚了,漠然地望你,而你永遠不會再深情如許地望我,而你此後不會再深情如斯地愛我,而你此後與我們陌路,而我什麼也抓不住。

他們都說,你離開,是入了一世長安。曾經我也想過。可是每次夢外幾欲握住你的身影,都成奢望。我無由卷起當年的畫軸:我曾為你梳映雪華髮,我曾路過你的榴樹下,抑鬱症最後我的淚水打濕你的臉龐……一幀幀仿從昨日剪輯,墨香未散,依稀成空影,我載所有的傷慟,涉水仍無法擺渡彼岸。你是一莖夢裡憔悴流光,盛放了無痕。彼岸長天,允我何處尋你?

那一夜,月夕一時,長風斜縈指——你走的那刻風涼如水,漫天雨淚,你走的那刻月夕彼岸,席地泫然。長夜不歌,我想若你再回來,我一定不放卻你的手,很久很久,多年以後,我便不留遺憾。因為最後一刻,我莫能牽著你,這樣放開了。如果我最後牽住你,或許我仍偎你安暖一尺,如果最後我牽住你,或許我還將你溫存掌心。今日依舊的月夕時,一往的風依依,我邀彼岸的你,許流光與共。我曾以為彼岸花田半畝,一切和田歲月靜走,沒有憂傷,沒有牽掛。可是,我此後隔了流光一宿,何以凝蓄一眸淚光?漫天流光,漫天雨淚,我漫天的憂傷。

夢後遺忘柔軟的那端。不知你是在我的夢裡微笑過了,還是我的心在夢裡疼痛過了。一直以來,我不曾隨你蹀躞的腳步,我無處追蹤你的流光過往,夢裡彼岸,灰色染了玫瑰紅,一如那夜的燈火,曳在不停不住的風中,錚錚弦響,無比清晰。還是那枚夕時月,牛欄牌回收湮在泅雲亂渡的夜空,溺水無助,我哭泣的時候,月光不會回首,我的心浸在你的離去裡,不肯泅渡上岸,擱淺心殤。

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R